PHOTOニュース

高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)


厚生労働省の「障害者雇用相談援助事業者」に認定されたことを桜井市長 に報告するウィズ・ユーの小林社長(右)=市役所市長応接室 (2024/07/18)


移転改築工事が完成した田尻保育園の新園舎。保育の場にふさわしく、明 るく快適な環境が整った=市内安田 (2024/07/17)

>>過去記事一覧
柏崎原発1号機が営業運転再開

 中越沖地震で被災し、先月初めまでに起動試験を終えて調整運転を続けてきた東京電力柏崎刈羽原発1号機が4日夕、国の総合負荷性能検査に合格し、営業運転を再開した。地震後に全号機停止の状態となった同原発だが、営業運転への復帰は先行の7、6号機に続いて3基目。

 1号機は2007年5月から定期検査で停止し、2カ月後に中越沖地震に遭った。点検や耐震補強工事を経て、今年5月末に原子炉を起動。約1カ月間の起動試験の結果、国と県技術委員会が営業運転に進むことを認め、県・市・刈羽村もこれを了解した。

 総合負荷性能検査は、定検終了のための最終検査。経済産業省原子力安全・保安院の検査官が2日から作業を開始し、運転データなどに問題がないことを確認した。4日夕は事務本館で保安院柏崎刈羽原子力保安検査官事務所の竹本亮所長が定期検査終了証を横村忠幸・柏崎刈羽原発所長に手渡し、午後4時40分、営業運転に移行した。

(2010/ 8/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。