PHOTOニュース

青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)


原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)

>>過去記事一覧
柏崎原発所長、緊急津波対策で「安全」

 東京電力柏崎刈羽原発の横村忠幸所長は12日の定例記者会見で、国が停止要請をした中部電力浜岡原発以外の、全国原発の運転継続・再開に安全上支障はないとした海江田万里経産相の談話に対し、柏崎刈羽原発では電源車・消防車配備などの緊急対策により、想定を超える津波への安全は確保できたと述べた。 

 横村所長は「たとえ15メートルの高さの津波が来て中の機器が壊れても、原子炉や使用済み燃料プールに水を入れることができる」と繰り返し強調した。ただ、中越沖地震後の停止が続いている2〜4号機の運転再開については「耐震強化工事の内容やその設計が妥当かどうかを含めて国・県の審議が必要で、通常の定期検査のプラントと耐震強化をやっているプラントは別だ」との考えを示した。

(2011/ 5/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。