PHOTOニュース

卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)


多くの行列をつくった高柳の飲食関係者が出店した「のれん街」=高柳町 高尾 (2024/02/26)

>>過去記事一覧
働き盛りの自殺予防へプロジェクト

 県柏崎地域振興局健康福祉部が3日、かしかり自殺対策プロジェクトの第1回会合を同健康福祉部で開いた。管内では近年、年間30人前後の自殺者が連続し、中でも40〜50代の働き盛り世代に多く、プロジェクトではきめ細かな対策を検討する。医療、保健、労働、産業など各方面の委員16人で構成し、座長に松田ひろし・柏崎厚生病院長を選任した。 

 同健康福祉部によると、全国的に年間の自殺者が3万人を超える事態が13年間続いている。本県の自殺死亡率は全国と比べて高い値で推移。管内でも同様の傾向が見られ、特に40〜50代男性と、70代の高齢世代の自殺率が高い状況という。

(2011/ 8/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。