PHOTOニュース

若手社員と学生が地元就職について意見を交わした交流会=16日、柏崎商 工会議所 (2024/02/19)


「月ほたる運動」で取り組んだ「メリーゴーランド」と北鯖石小の1年生 =同校 (2024/02/17)


16日に初営業から100年を迎えた柏崎信用金庫=市内東本町1 (2024/02/16)

>>過去記事一覧
刈羽節成きゅうりが佐久市で栽培半世紀

 柏崎生まれの刈羽節成きゅうりが長野県佐久市で半世紀もの間栽培され、「刈羽(かりは)きゅうり」として「信州の伝統野菜」になっていた――。同市から3日、柏崎市役所に収穫したばかりのキュウリが届き、分かった。柏崎産に比べて短く、太めだが刈羽節成の特徴をよく示す。刈羽節成きゅうりの会・にしなか菜々彩(なないろ)工房の堀愛子代表(69)は「柏崎で栽培が途絶えていた間も遠く離れた地で続けられ、郷土食も生まれていることに驚いた」と感動の面持ちだ。

 刈羽節成は明治末に、市内橋場町で品種改良され、戦後しばらくまで国内はもとより、北米や中国に種が輸出され、地域経済を潤した。1968年に採種組合が解散し、市内では栽培されなくなったが、2008年に種苗会社に種が保存されていたことが分かり、西中通地区で栽培が復活した。

(2011/ 8/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。